マンション管理センター|マンション管理士試験|管理組合の支援|マンションみらいネット|マンション管理士証発行

トップページよくある相談(Q&A) U総会・理事会 > 管理組合の業務

 
相談窓口について   よくある相談(Q&A)
 
  よくある相談(Q&A)  
 
U 総会・理事会
 管理組合の業務
 
QUESTION :
 管理組合の業務はなにがあるのでしょうか。
 

ANSWER :
 管理組合の業務を簡単にいいますと、敷地及び共用部分等の管理にあります。そのため管理組合は、敷地及び共用部分等の取扱についてのルール(管理規約)を区分所有者の集会(総会)の決議で設定し、あわせて、管理者(管理組合理事長)及び役員を選任します。
  次に管理者である理事長は管理組合の執行機関として管理規約及び集会の決議に基づいて、必要な手だてを講じることになります。
 
  区分所有法では、この点について「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。」(3条)と規定しています。
  この区分所有法に基づいて、管理組合は、管理規約を定めます。
  管理規約に規定する管理組合の業務は、それぞれの管理組合によって表現等若干の違いはありますが、標準管理規約(単棟型)では以下のように規定しています。
 
 第2節 管理組合の業務
第32条 管理組合は、次の各号に掲げる業務を行う。
一 管理組合が管理する敷地及び共用部分等(以下本条及び第48条において「組合管理部分」という。)の保安、保全、保守、清掃、消毒及びごみ処理
二 組合管理部分の修繕
三 長期修繕計画の作成又は変更に関する業務及び長期修繕計画書の管理
四 建物の建替えに係る合意形成に必要となる事項の調査に関する業務
五 適正化法第103条に定める、宅地建物取引業者から交付を受けた設計図書の管理
六 修繕等の履歴情報の整理及び管理等
七 共用部分等に係る火災保険その他の損害保険に関する業務
八 区分所有者が管理する専用使用部分について管理組合が行うことが適当であると認められる管理行為
九 敷地及び共用部分等の変更及び運営
十 修繕積立金の運用
十一 官公署、町内会等との渉外業務
十二 マンション及び周辺の風紀、秩序及び安全の維持、防災並びに居住環境の維持及び向上に関する業務
十三 広報及び連絡業務
十四 管理組合の消滅時における残余財産の清算
十五 その他建物並びにその敷地及び附属施設の管理に関する業務
 

 
 
 
ページトップへ戻る

トップページよくある相談(Q&A) U総会・理事会 > 管理組合の業務

 
   
 

マンションみらいネットセミナーの開催管理組合登録マンション管理サポートネットマンション管理センター通信出版・刊行物マンション管理士関係相談技術的支援共用部分リフォーム融資の債務保証調査・研究メールマガジン