マンション管理センター|マンション管理士試験|管理組合の支援|マンションみらいネット|マンション管理士証発行

トップページよくある相談(Q&A)X金融・保険 > マンション管理組合が付ける保険

 
相談窓口について   よくある相談(Q&A)
 
  よくある相談(Q&A)  
 
X 金融
 マンション管理組合が付ける保険
 
QUESTION :
 マンション管理組合は、通常どのような保険に入っておけばいいのですか。
 

ANSWER :
 マンションの管理組合は、マンションの共用部分を管理しています。したがって、共用部分の管理に必要な保険に入っておくことが必要です。大きく分けて建物、設備の共用部分の損害を補償する「物」保険と、管理組合が法律上の賠償責任(例えば、共用部分の給排水管から水漏れがおこり、専有部分に損害をおよぼした。外壁が剥がれ落ち、通行人に怪我をさせた等)を補償する「賠償責任」保険があり、双方に入っておくとよいでしょう。
 
[解説]

 「物」保険には一般的なものとして、火災保険(住宅火災保険、住宅総合保険、普通火災保険、店舗総合保険)、機械保険、ガラス保険等があり、戸建て住宅、商業ビルでも利用されています。マンションの共用部分に付ける「物」保険としては、ほとんどの保険会社で、「マンション総合保険」、「積立マンション保険」というような名称で、管理組合向けの損害保険を販売しています。このような共用部分専用の保険は、マンションの特性に合わせた商品内容として次のような特徴がありますので、管理組合にとっては有利といえるでしょう。ただし、保険会社、保険商品により補償の範囲が異なる場合がありますので、契約の際には確認が必要です。

 

1. 共用部分専用商品のメリット

  1. 水漏れが発生した場合の原因の調査費用が補償される。
  2. 積立保険であれば、修繕積立金の運用を兼ね、一定期間後に、満期返戻金が受け取れる。また、満期の前に予期せぬ補修等が必要になった場合には、補償はそのままにして一定額の貸付けが受けられる契約者貸付制度もある。
  3. 特約を追加することにより、機械設備やガラスなども補償の対象にしたり、賠償責任保険を単独で契約するより割安な保険料で補償内容を充実できる。
 

2. 補償の範囲

※  以下は、あくまで参考事例であり、保険商品によって補償の範囲は異なりますので、契約の際に十分な確認が必要です。

 1. マンション共用部分専用商品(マンション総合保険等)の補償範囲は次のとおりです。

   a. 火災
   b. 落雷
   c. 破裂・爆発
   d. 建物外部からの物体の飛来・衝突
   e. 騒じょう・集団行為
   f. 風災・ひょう災・雪災
   g. 盗難
   h. 残存物取片付け(上記a〜gの事故):損害保険金の一定割合
   i. 損害防止費用(上記a〜cの事故)

 2. 特約を追加することにより補償される範囲
   a. 施設賠償責任担保特約
     マンションの共用部分の使用・管理につき、管理組合が法律上の損害賠償責任を負担した場合に補償される。
    (例)・外壁が剥がれ落ち、通行人に怪我をさせた。
       ・共用部分の給排水管の事故により漏水し、専有部分に損害が生じた。
   b. 水漏れ損害担保特約
     居住者の個室で生じた事故(専有部分の事故)により漏水し、保険の目的である共用部分に損害が生じた場合の補償。
   c. 個人賠償責任特約
     マンションの専有部分に係わる居住者の賠償事故を補償。
    (例)・居住者が水道の蛇口を閉め忘れ、階下の個室内の家財に損害をおよぼした。
       ・居住者がベランダから物を落とし、通行人に怪我をさせた。
   d. ガラス損害担保特約
     投石、強風による物の飛来、車両の飛びこみ、居住者・来訪者の不注意等により、エントランスドア 等
     共用部分のガラスが破損した場合に補償。
   e. 設備損害担保特約
     エレベーター、給排水設備、車両のセキュリティーシステム等、マンション内の機械、設備に生じた、電気的、機械的事故を補償。

 

3. 地震保険

 地震、噴火、津波により、建物が損壊、火災(延焼、拡大を含む)、埋没、流失した場合は、火災保険(住宅総合保険)だけでは補償を受けられません。別途地震保険への加入が必要となります。地震保険は、住宅火災保険等の火災保険の主契約に付帯して加入する必要があり、限度額がありますので、保険会社に相談してください。

 

4. 損害保険加入に当たっての留意する点

 以上のように、補償の範囲・内容には諸々のものがあり、加入に当たっては次の点を十分確認しておく必要があります。

■ 損害保険を契約する際のチェックポイント ■
 

チェックの観点

主なポイント


●補償対象となっている財物は? 建物、機械設備、屋外設備
●補償される事故は? 自然災害以外の偶然な事故
機械設備の電気的事故
地震
水漏れ損害の調査費用
●免責となる(補償されない)事故は?
●修理費用は満額支払われるか? 保険金額は新価または時価
保険価額と保険金額の関係
免責(自己負担)金額の有無





●どの部分に起因する事故による賠償責任を
補償するのか?
エレベーター
漏水事故
専有部分
●免責となる(補償されない)事故は?
●保険金の支払い限度額は? 免責金額の有無
 

 
 
 
ページトップへ戻る

トップページよくある相談(Q&A)X金融・保険 > マンション管理組合が付ける保険

 
   
 

マンションみらいネットセミナーの開催管理組合登録マンション管理サポートネットマンション管理センター通信出版・刊行物マンション管理士関係相談技術的支援共用部分リフォーム融資の債務保証調査・研究メールマガジン