マンション管理センター|マンション管理士試験|管理組合の支援|マンションみらいネット|マンション管理士証発行

トップページ基礎的な事項に関する相談事例(Q&A) Y耐震改修 > 耐震化が必要なマンションとは、具体的にどのようなマンションですか。

 
相談窓口について   基礎的な事項に関する相談事例(Q&A)
 
  基礎的な事項に関する相談事例(Q&A)  
 
Y 耐震改修
 
QUESTION :
耐震化が必要なマンションとは、具体的にどのようなマンションですか。
 

ANSWER :

以下のようなマンションが対象になります。

 
 
(1)昭和56年5月30日以前に着工した旧耐震基準のマンションは、耐震性能が劣っている可能性があります。
(2)旧耐震基準のマンションの中でも、構造上のバランスが悪いマンションは、特に耐震性能の確認が必要といわれています。
  @平面形状又は断面形状が不整形なマンション
  A上層部と下層部で構造形式が異なるマンション
  B細長い形状(辺長比が大きい)のマンション
  Cピロティ形式のマンション(1階の駐車場や店舗により壁が抜けているなど)
  D耐力壁がバランスよく配置されていないマンション



(3)その他
  マンションの耐震性能については、建物が崩壊しないための構造以外に、安全に避難できるための避難経路を確保する措置(玄関ドアの開閉不能防止、外廊下・バルコニーの落下防止、エキスパンション・ジョイント、屋外鉄骨階段、エレベーターの地震対策、外壁・内壁の仕上げ材、窓ガラスの地震対策)や設備の機能を保持するための対策(給水装置(高置水槽・受水槽等)、配管(地中埋設配管、建物内の配管)、電気設備(動力設備、TV共聴設備、電話配管設備等)、空調室外機、貯湯式給湯器)も重要です。

詳しくは、国土交通省のマンション耐震化マニュアル
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk5_000050.html
を参照下さい。
 
 

 
 
 
ページトップへ戻る

トップページ基礎的な事項に関する相談事例(Q&A) Y耐震改修 > 耐震化が必要なマンションとは、具体的にどのようなマンションですか。

 
   
 

マンションみらいネットセミナーの開催管理組合登録マンション管理サポートネットマンション管理センター通信出版・刊行物マンション管理士関係相談技術的支援共用部分リフォーム融資の債務保証調査・研究メールマガジン