マンション管理センター|マンション管理士試験|管理組合の支援|マンションみらいネット|マンション管理士証発行

トップページよくある相談(Q&A)Yマンションの耐震性等 > 構造計算書は、誰が、いつまで保管したらよいでしょうか

 
相談窓口について   よくある相談(Q&A)
 
  よくある相談(Q&A)  
 
Y マンションの耐震性等
 構造計算書は、誰が、いつまで保管したらよいでしょうか
 
QUESTION :
 構造計算書は、誰が、いつまで保管したらよいでしょうか?
 

ANSWER :
 構造計算書をはじめとして、設計図書や修繕の履歴情報等は、今後の修繕やグレードアップ工事を行う際にも有用な書類となりますので、管理組合において、傷みや紛失のないよう保管することが望まれます。なお、(公財)マンション管理センターが実施する「マンションみらいネット」では、設計図書等を電子化するサービスを実施しています。
 

 
 
 
ページトップへ戻る

トップページよくある相談(Q&A)Yマンションの耐震性等 > 構造計算書は、誰が、いつまで保管したらよいでしょうか

 
   
 

マンションみらいネットセミナーの開催管理組合登録マンション管理サポートネットマンション管理センター通信出版・刊行物マンション管理士関係相談技術的支援共用部分リフォーム融資の債務保証調査・研究メールマガジン