マンション管理センター|マンション管理士試験|管理組合の支援|マンションみらいネット|マンション管理士証発行

トップページよくある相談(Q&A)Yマンションの耐震性等 > 耐震性が十分でなかった場合、販売業者にどのような責任を問えるのでしょうか

 
相談窓口について   よくある相談(Q&A)
 
  よくある相談(Q&A)  
  Y マンションの耐震性等  
 
 耐震性が十分でなかった場合、販売業者にどのような責任を問えるのでしょうか
 
QUESTION :
 購入したマンションの耐震性が十分でなかった場合、販売業者にどのような責任を問えるのでしょうか?
 

ANSWER :
 平成11年6月に公布された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、平成12年4月1日以降に締結された新築住宅の売買契約については、売主は、買主に 住宅を引き渡した時から10年間、住宅の基礎、壁、柱、屋根等の基本構造部分について瑕疵(契約に定められた内容や社会通念上必要とされる性能を欠いていること)があった場合に、その瑕疵の無償修繕や賠償金の支払いなどの責任(瑕疵担保責任)を負うこととされています。
 なお、宅地建物取引業者が売主である場合には、宅地建物取引業法により、新築住宅の基本構造部分以外の部分や新築住宅以外の住宅も含め、売主は少なくとも引渡しから2年間の瑕疵担保責任を負っています。
 

 
 
 
ページトップへ戻る

トップページよくある相談(Q&A)Yマンションの耐震性等 > 耐震性が十分でなかった場合、販売業者にどのような責任を問えるのでしょうか

 
   
 

マンションみらいネットセミナーの開催管理組合登録マンション管理サポートネットマンション管理センター通信出版・刊行物マンション管理士関係相談技術的支援共用部分リフォーム融資の債務保証調査・研究メールマガジン